遺言書の発見

● 遺言書の探し方
 大切な方がお亡くなりになった場合、遺言書がなければ、法定相続人間で話し合い(遺産分割協議)による相続となり手続きがたいへんです。
 したがって、まずは遺言書をお探しになることが重要です。
 まずは、親族や故人とお付き合いの深い友人や職場の方に、故人が遺言書を作った旨を聞いたことがあるかどうかご確認ください。
 また公正証書遺言であれば公証役場で遺言公正証書が存在するかどうか調べてもらうことができます。
 遺言者がご健在であれば、ご本人以外の方は、たとえ推定相続人の方でも遺言書があるかどうかを調べてもらえませんが、お亡くなりになった後は、@相続人、A受遺者(遺贈により財産を受ける方)、B法律上の利害関係者(遺言執行者等)は、遺言公正証書の検索請求や謄本請求が可能です。
 なお調べてもらう際には、下記の書類が必要になります。

  □遺言者本人が死亡したことを証明する書類(除籍謄本・死亡診断書等)
  □請求者が法律上の利害関係人であることを証明する書類(戸籍謄本)
  □請求者の身分を証明するもの
   (印鑑証明書及び実印、or 運転免許証、or パスポート等顔写真入りの公的
    身分証明書のいずれか1つと認印)

 遺言言公正証書があるかどうかは、どこの公証役場でも調べてもらうことが可能です。(謄本は、遺言公正証書を作成した公証役場でのみ発行してもらえます。)
   
    公証役場一覧