遺産の調査

● 遺産を調べる必要性
 相続人調査によりだれが相続人になるか確定したら、相続人の間でどの遺産を誰が相続するかを遺産分割協議にて話し合って決めます。
 そのため、被相続人(故人)の全ての遺産を調査して相続財産を確定する必要があります。
 なお、相続財産にはマイナスの財産(借金等の負債や債務)も含まれますので注意が必要です。
 相続財産が確定したら、財産目録を作成します。

   

遺産の調べ方

● 全ての遺産を把握していた被相続人がお亡くなりになり、何をどのように調べたらいいのか手がかりがつかめないかもしれませんが、まずは相続人全員が故人の遺産に関する情報について話し合うことが必要です。
 インターネットによる取引・支払やネットバンキングの管理を若いお孫さんに任せていて、そのお孫さんだけがその事実を知っているなどの場合もあるからです。
 また被相続人が生前特に親しくしていた友人や職場の方にもお話が聞ければベターです。

● 古い預金通帳が見つかれば、その金融機関で「名寄せ」を依頼すると、被相続人名義の他の預金口座があるかどうかを調べてもらえます。

調査する遺産の種類

● 不動産
 権利証、住宅、農地、山林、貸地・貸家(借地・借家)、工場、ローン、抵当権等
● 現金
 タンス貯金
● 預貯金
● 株式・債券等
 国債、社債、取引証券会社への調査依頼、取引報告書による発見
● 債権・債務
 売掛金、貸付金、事業用借入金等を帳簿や通帳の入出金記録や契約書等をもとに調査
● 知的財産権
 工業所有権、著作権、実用新案権、商標権、商号、のれん、各種ノウハウ等
● 動産
 生産機械、自動車、船舶、航空機、貴金属、骨董品、絵画、掛軸、着物・帯、貸し
 金庫の調査 等
● その他
 年金、損害賠償請求権、得意先 等