財産名義の変更

● 遺言書や遺産分割協議書により相続財産の分割方法が確定すると、被相続人の遺産を相続人名義に変更できます。
 ここでは、代表的な相続財産として不動産と預金の名義変更時に必要な書類をご説明いたします。

   

遺言書による不動産の名義変更

● 遺言により不動産を相続した場合、登記申請書類に添付する書類は下記のとおりです。
 ・被相続人の戸籍(除籍)謄本(死亡の記載のあるもの)
 ・被相続人の住民票(除票)または戸籍の附票
 ・相続人の現在の戸籍謄(抄)本
  (不動産取得のみ必要。被相続人の戸籍謄本で援用できる場合有)
 ・相続人の住民票(不動産取得のみ必要)
 ・遺言書(遺言公正証書以外は、家庭裁判所の検認済のもの)
 ・固定資産評価証明書
 ・相続関係説明図

 ※個々の事例により追加書類が必要になる場合があります。

遺産分割協議書による不動産の名義変更

● 遺産分割協議により不動産を相続した場合、登記申請書類に添付する書類は下記のとおりです。
 ・被相続人の戸籍(除籍)謄本(出生から死亡まで連続する全てのもの)
 ・被相続人の住民票(除票)または戸籍の附票
 ・相続人全員の現在の戸籍謄(抄)本(被相続人の戸籍謄本で援用できる場合有)
 ・相続人の住民票(不動産取得のみ必要)
 ・遺産分割協議書
 ・相続人全員の印鑑証明書
 ・固定資産評価証明書
 ・相続関係説明図

 ※個々の事例により追加書類が必要になる場合があります。

預金の名義変更

● 預金名義の変更時に求められる代表的な書類です。
 ・相続届(金融機関所定のもの)
 ・被相続人の戸籍(除籍)謄本(出生から死亡まで連続する全てのもの)
 ・相続人全員の現在の戸籍謄本(被相続人の戸籍謄本で援用できる場合有)
 ・相続人全員の印鑑証明書
 ・遺言執行者の印鑑証明書(執行者が選任されている場合。)
 ・被相続人名義の通帳、証書、キャッシュカード、貸金庫のカギ等
 ・遺産分割協議書(遺産分割協議による場合)
 ・遺言書
 (遺言相続による場合。自筆証書遺言は、家庭裁判所の検認済証明書と遺言書原本。
  遺言公正証書は謄本)

 ※金融機関により求められる書類が異なりますので、事前の確認が必要です。