相続人の承認と放棄

● 被相続人がお亡くなりになり相続が開始すると、被相続人に属していた権利や義務が相続人に相続されます。
 そこで、財産以上に借金などの債務が過大である場合に、相続人が当然に相続することになると、相続人にとって極めて酷なため、民法では相続を承認するか放棄するかについての規定が定められています。
● 相続の承認または放棄は下記の3種類です。
 @単純承認
 A相続放棄
 B限定承認
● 相続の承認または放棄は、相続が開始して自分が相続人になったことを知った日から3カ月以内(熟慮期間)にする必要があります。

単純承認

● 単純承認すると被相続人の権利も義務も全て無条件に承継します。
● 下記の行為をすると単純承認したものと見なされます。
 ・相続財産の全部または一部を処分したとき
 ・相続が開始して自分が相続人になったことを知った日から3カ月以内に限定承認か
  相続放棄をしなかったとき
 ・限定承認か相続放棄をした後に、相続財産の全部または一部を隠匿・消費したり、
  意図的に財産目録に記載しなかったとき

相続放棄

● 相続放棄は、借金が多い場合だけでなく、相続人間の相続争いに巻き込まれたくないといったような相続人の自由な意思により放棄できます。
● 負債が多くて相続放棄する場合には、自分が相続放棄すると他の相続人が負債を負うことになるので、相続人間で事前連絡するなどの配慮が必要です。
 また被相続人の配偶者と一緒に子(第1順位の法定相続人)も全員相続放棄した場合、被相続人の父母等(第2順位の法定相続人)が負債を負うことになり、その父母等が全員相続放棄すると、次に被相続人の兄弟姉妹(第3順位の法定相続人)が負債を負うことになるため、親族関係を悪化させないよう気をつける必要があります。
● 相続放棄は、相続が開始して自分が相続人になったことを知った日から3カ月以内(熟慮期間)に、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述します。
● 相続放棄の申述が受理されると、相続放棄申述の受理証明書が交付され、被相続人の債権者に対抗することができます。
● 相続放棄が受理されると、相続人ははじめから相続人でなかったことになります。
 したがって、相続放棄した相続人に子がいた場合、相続放棄した親ははじめから相続人ではないため、子が親の代わりに代襲相続することはできません。
● 相続放棄の取り消しはできないので、後で悔いのないよう、3カ月の熟慮期間内に遺産調査をしてから判断したほうが望ましいです。
● 被相続人の妻と子が法定相続人の場合に、妻に持家などの全財産を相続させるために子が相続放棄し、第1順位の法定相続人がいなくなると、被相続人の父母や兄弟姉妹などの第2順位、第3順位の法定相続人が相続人となり、妻が全財産を相続できなくなるので注意が必要です。
(遺産分割協議で相続割合を決めることできますので、相続放棄してはいけません。)

限定承認

● 相続時に財産と債務のどちらが多いか分からない場合に、相続財産の範囲内でのみ債務を弁済することを条件に、相続の承認ができます。(限定承認)
借金よりも財産が多かった場合には、借金を支払った後の残りの財産を相続できますし、借金の方が多かった場合には、相続財産額を超えて借金を返済させられません。
● 限定承認はメリットが多いですが、相続人全員でする必要があり、相続人の一人でも反対する者があれば限定承認できません。
 また、3カ月の熟慮期間内に相続財産を調査して財産目録を作成し家庭裁判所に提出しなければならないなど手続きがたいへんなため速やかに行う必要があります。
(3カ月以内に財産調査が完了しない時には、期間伸長を家庭裁判所に請求できます。)